【西武渋谷店】東京手仕事展・錫光WS

9月11日(金)から西武百貨店渋谷店 B館1階特設会場にて

東京手仕事展「あたらしい暮らし、うつくしい暮らし」開催中です。

11月23日(月)までの長期間にわたり様々な手仕事のアイテムが

展示販売されています。

 

私ども錫光も初日から商品を展開させて頂いておりますが、

11月のワークショップを担当させて頂く事になりました。

 

日程は、11月6,7,8日と13,14,15日の金土日金土日の6日間。

各日、11:00〜13:00【手塩皿づくり】、14:00〜16:30【お猪口づくり】

各回2名様まででお申込みお待ちしております。

 

<注>各日のご予約は、基本それぞれ実施日の3日前まで

   各回2名様まででSOLDOUT表示になります。

 

【手塩皿づくり】、【お猪口づくり】どちらでも、

錫器製作の主な3つの工程「鋳込み」「ロクロ挽き」「ツチメ打ち」を

体験頂けるようにプログラムを組ませて頂いています。

特に【金属の「ロクロ挽き」】につきましては大変珍しい技法ですので、

【手塩皿づくり】の場合には製作上直接的には関係のない工程となりますが、

簡易的なロクロを持ち込みますので是非体験して頂きたいと思います。

 

【手塩皿づくり】は、これまでにない新しいプログラムになっていて

いつもより一回り大きめの丸皿に、2種類のツチメをあっさりと粋に入れ、

やや表面を光らせて完成させます。

食器としてももちろん、アクセサリーを置くトレイとしてもお使い頂けます。

 

【お猪口づくり】は、3つの工程フル活用です。

簡易なロクロを使いますので、工房にあるロクロとはまた違った難しさも

ありますが、部分的にお手伝いしますのでご安心ください。

お猪口ですので、お酒ですが、冷酒でもぬる燗でもおいしく頂けます。

 

いずれのプログラムも、まずは作る楽しさを体験頂けたら幸いです。

 

                      錫光 中村圭一


◆錫光の【錫器制作体験】で錫の花小皿を作ろう!◆

5月26日付で東京手仕事プロジェクト・ブランドサイトにて
◆錫光の【錫器制作体験】で錫の花小皿を作ろう!◆
という特集記事を掲載して頂きました。


こちらのワークショップのお申込みは電話orFAXにてお願い申し上げます。
TEL048-296-4028 FAX048-296-4097


あらかじめご容赦頂きたいのですが、
ご予約状況やイベント出展などのスケジュールによっては、
勝手ながら第一希望にお応えできない場合もあろうかと存じます。
実施日時につきましては、お打合せをしながら確定とさせて頂きたく、
よろしくお願い申し上げます。


また、工房が手狭ですので、参加人数は1〜4名様までとさせて頂きます。


※今現在は、マスクの着用、換気の実施、消毒液の常備など、
慎重に感染予防対策をしながらの準備を心掛けてお待ちしております。


早く気兼ねなく実施できるようになることを願っています。
                  錫光代表 中村圭一


【送料と送料無料になる条件の変更について】令和2年5月1日

昨年10月に消費税が10%になったことに伴い、
本年4月ごろを目途に、商品の本体価格の見直しを検討しておりました。
ですが皆様ご承知の様に、令和2年5月1日現在、新型コロナウイルスが収束せず、
緊急事態宣言も1か月程度延長される見込みとなっております。

その様な状況下、商品本体価格の一部改訂を実施致しますが、
本HPに掲載の定番となっている商品につきましては、
基本、商品本体価格を据え置きとさせて頂きました。

また、自粛ムードのある中、
〜料は、
全国一律税込800円のところを「税込500円」にご負担減
∩料無料となる条件は、
税込33,000円以上から「税込11,000円以上お買上時」に緩和
というように、当面の間変更させて頂くことと致しました。

                       錫光代表 中村圭一


【消費税増税に際しての対応について】令和元年10月1日

私ども錫光では、この10月1日に消費税が10%になるタイミングでの
商品本体価格の見直しは致しません。税額のみの変更となります。

ただし、この増税の影響が少しずつですが出てきているのも事実でございます。
その影響を暫く静観したいということと、人手という面でも、来春4月ごろを目途に
品目の整理等も含めた商品本体価格の見直しを進めて参りたいと存じます。

概ね来春4月ごろまでは、商品本体価格は基本的には据え置きで参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

                        錫光代表 中村圭一


松屋銀座「本物を創る 15人の職人」展

毎年夏の真っ盛りの8月に恒例となっている催しです。
本年は松屋さんの店舗改装などの関係で4か月前倒しで開催されます。

松屋銀座 1階スペース・オブ・ギンザ
4月10日(水)〜16日(火)
「本物を創る 15人の職人」展

DMにある写真は中ブタ付の茶壺です。
手描きで四君子や松竹梅の柄を入れた、白上(しろあげ)という仕上げです。
5月の新茶のシーズンを控え、密閉性のよい錫の茶入れはいかがでしょう。
お茶のおいしさを保ち、湿気から茶葉を守ります。

期間中製作デモンストレーションや
錫光製品お買い上げの方限定、ご希望者にイニシャル入れサービスも
(表面仕上げの方法により入れられないものもございます。)

20130410matsuyaginza01a.jpg

20130410matsuyaginza02a.jpg


プロフィール

錫光は、ロクロ挽きで酒器・茶器等の錫(すず)製品を作る工房です。地金の仕入れから鋳込み・ロクロ挽き・ツチメ打ち・絵付け・漆塗りなど一貫した手作りにこだわる伝統工芸品を製造販売しています。
このサイトは、新着情報や日々感じたことなどを気まま勝手に綴る、錫光のオフィシャルブログサイトです。

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ