moco × suzukou vol.3 TOPページの更新

 年末はせわしない。

つい先だって、「早くも次回vol.3が楽しみ」と書いたばかり。

フラワーデコレータのmocoさん、せわしないのは錫光だけに限ったことではないと
思うのだけれど、お忙しい合間を縫って、vol.3用の写真&コメントを頂戴した。

1年の締めくくりと新たな幕開けという一番のハレの期間に合わせて頂いたに違いない。

それをまた、コルザデザインの野原さんが、可及的に速やかに体裁を整えて、
サイトにアップして頂いた。

この二人の女性にサポートして頂いて、「ぼかぁー幸せだなあ―」などと
ちょっと古いうかれ方をしてみる。もう暫くはこの楽しみは続くのだ。

それではTOPページを見てみよう。




松のような、このまーるいモノは何だろう?   松?いや松ではない。
下の方に少し見え隠れしているモノなら、作り手である私にはすぐなんだかわかる。
そこから類推するに、それほど大きな球ではない。

私には全く初めて見る植物だ。

バックが黒で緑も濃い。そこに赤い帯は鮮烈だ。
赤はおめでたい色なので、ハレの日にふさわしい。

TOPページの画像をクリック。横長の写真が登場した。
やはり一口ビールcosmos。5本揃って写っている。



    mocoさんのコメント
       「カラフルな漆つきのビア・マグに
        「ミニ・パピルス」という植物を入れてみました。
       お正月の松飾りのように。。。
       今年はご縁あって錫光様とお仕事させて頂きましたこと、
       とても光栄に思っております。
       いつもと違った花の世界を表現出来て、嬉しかったです。
       来年もどうぞ宜しくお願い致します。」

どう自立しているのかはわからないが、「ミニ・パピルス」という植物だそうだ。
まるで命を吹き込まれた器の精たちが、背伸びをして周りを見渡しているようだ。
とは、私の勝手流の解釈。

無機質な錫に、植物の瑞々しさや生命力が吹き込まれているような気がしている。

ところで、この写真、下とバックが黒で、濃いグリーンで囲まれている。
普通このように光った錫は、全体に暗くなってしまうのだが・・・・
5本とも右半分がシルバー色を失わずに撮られている。
今度機会があったらそのからくりを伺いたいが、企業秘密かしらん。

それはさておき、mocoさんのありがたいコメントを頂戴している。
「いつもと違った花の世界を表現でき」という前向きのコメント。
ホッとすると同時に本当にありがたいと思いました。

引き続きご面倒をお掛けしますがよろしくお願いします。

(ちなみに vol.2 はこちら → moco × suzukou vol.2



プロフィール

錫光は、ロクロ挽きで酒器・茶器等の錫(すず)製品を作る工房です。地金の仕入れから鋳込み・ロクロ挽き・ツチメ打ち・絵付け・漆塗りなど一貫した手作りにこだわる伝統工芸品を製造販売しています。
このサイトは、新着情報や日々感じたことなどを気まま勝手に綴る、錫光のオフィシャルブログサイトです。

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ

リンク集