「江戸9人の工芸」展セミナー出演します。

 いやはや、とうに始まっておりますが、「江戸9人の工芸」展。
10月1日のKITA'Sセミナーで、喜多俊之さんとトークをさせていただくという
大変名誉な体験をさせていただける事になりました。

平成21年1月にも、プロダクトデザイナーの喜多俊之さんの
大阪天満にあったギャラリーで展示会をやらせていただき、
セミナーでトークを体験しておりますので、今回で2度目の栄誉ということになります。
→ 《参照》 江東区伝統工芸会BLOG

もっとも前回同様今回も、こちら職人側は複数人、喜多さんの質問に答えるという形式ですが。
篠山には常設で自分の作ったものも置いて頂いていますので、一度は伺っておきたかったし、
もちろん喜多さんにお会いするのも楽しみです。

今取り組んでいる仕事、早くケリをつけなければ・・・

ところで、DMにもあるようにテーマの一つとして「お茶」があります。
9人の作り手がそれぞれ茶道具を持ち寄って展示します。
私のところは、錫で抹茶碗。津軽塗の松山継道さんに中側を塗って頂きました。

左から、紋紗塗り、唐塗り、ななこ塗りです。

表面は錫を梨地に仕上げて、これは私の方で漆を施しました。
左から、千歳グリーン、山吹、黒です。

今回は、一番左のものを展示しています。

初めて取り組んだ課題でもあったり、いろいろと気付かされることもあり、
また、新しい技法も試してみたりと大変勉強になるよい機会となりました。









→ 《参照》 篠山ギャラリーKITA’S http://www.sasayama-kitas.jp


TOPページ moco さんから mibu さんへ

 7月に書きそびれていたことがある。
お気づきの方もいらしたと思うが、TOPページを更新していたのである。
何を今更と言ってくれますな。IT関連決して得意ではないわりに、
それなりに合間を見て頑張っておるつもりなものですから・・・。温かい目でお願いします。

それまでは、フラワーデコレータのmocoさんにお願いして、3回にわたりTOPページを
彩って参りました。コルザデザインの野原さんのご紹介で始まったこの企画。
男所帯の錫光に、女性的な優しい和みの空間を切り取って頂き、無機質なわがHPを
素敵に彩って頂いていたというわけです。

私自身大変楽しみにしていた企画。
催促なしで都合のよい時にとの前提で、首を長くして待ったものです。

がしかし、そういう蜜月時代(自分にとって)は、そうは長く続かないものですね。
いろんないろんなことがあり過ぎて、写真を発信して頂く事が難しくなってしまったそうです。
残念!! また時期を見て何か出来たらいいなあと思います。

そこで白羽の矢が立ったのが、写真家の壬生勇輔氏。
若いが中身の濃〜い修業時代を経て一本立ち。
優しい雰囲気の中に時折見せるキラリと光る鋭いヤイバ。
いやそのヤイバをはっきりと確認したわけではない。
つまりそういうキラリと光るものを秘めてるなと感じさせる何かを持っている。
私のような素人には見せないが相当のプロ意識・プライドを持つ、気骨のある人と見ています。

それはあるいは私の買い被りかもしれないが、この人に自由に取ってもらおうと思いました。
それが、TOPを飾る一枚の写真 「vol.1 mibu × suzukou」。





suzukaze一口ビール(イシメ)

 「 この一口ビールを手に取ってみると、
  手作りだけが成せる不思議な力に吸い込まれそうになる。
  手触り・重さ・口当たり・ツチメの力強さ。
  懐かしいようで新しい。
  この一枚の写真に、
  日本の伝統のこと、今の日本のこと、錫の力強さを
  少しは表現できたと思います。」

というご本人のコメント。
ロケに出かけたり、スタジオ(?)で撮ったり、アイテムも一つだけではなかったので
相当の枚数を撮って頂いたようです。その中のたった一枚。

実はもう一枚ロケで撮った写真がありました。これも悪くはない。いや良い。
上の写真はご本人が個性が出過ぎてこれはちょっとと遠慮がちに提示されのです。
しかし、私は断然こっちが良いと思いました。壬生流でいいでしょ。

どうしたらこういう写真になるのかなあ?撮ったままで何も手を加えていないんだそうです。

「日本の伝統のこと、今の日本のこと、・・・・」とコメントにある。
震災のことは本人に相当深く心をえぐったようだった。(多くの人がそうだと思うが)
心なしか日章旗にも見え、「pray 4 Japan」との思いが伝わってくるようだがいかがか?

実は、vol.2用のアイテムを送り込み、写真が上がってくるのを待っているのだ。

で、あわててこの稿を書いている次第。 coming soon!




今更ですが「NIPPONVISION4」

 「お客様! はい! 通路の真ん中に寄って下さい!」

場所は新宿伊勢丹本館6階、NIPPONVISION4が開催されている会場だ。
体躯のよい張りのある声をした男性社員が、両手を広げ通路の真ん中を颯爽と歩いている。
体躯のせいでもなかろうが、その風格さえ感じさせる行動で、お客様をコントロールしている。

「あっ、・・・よし。」小さくつぶやいて、先の行動に出た。
そう、その男性社員M氏は、すぐ隣にいて、7,8年ぶりの再会で昔を懐かしんでいるところだった。

切り替えが早かった。
お客様を守ろうとする姿勢は当然かもしれないが、プロフェッショナルを感じた。

今日は、4月11日月曜日。あの未曾有の大災害から丸1ヶ月。まだまだ余震の続く日の出来事。


あっいやあ〜、本題はそこではなかった。
そもそももう7月で、何を今更的な感じですが、いろいろ事情がございまして・・・
バックデートでお届けしている次第です。


あの日はこの催事の最終日。

ほんとは、初日に行きたかったのだが、仕事量もさることながら、計画停電の憂き目にあい、
間に合わなくなってしまったのだ。

あれは、困りますよ、実施してももちろん、やるかもしれないってだけで、一応前もって
スケジュール崩して、段取り変えて待ってるんですから、やんなきゃやんないで調子狂うし。


なかなか本題に入れない。

会場内は、そんな情勢だからってことはないでしょうが、少し照明を落として、
薄いカーテンで囲まれた異空間。1テーブルに1都道府県。47個あったんでしょう。






埼玉県のブースに所属する吾輩は、ツチメ小酒器のみ。
いろいろ興味深いブースはたくさんありましたよ。さすがD&Dさん。





ナガオカケンメイさんとも、いろいろお話させて頂いてよかったなあ。
いつもありがとうございます。




最後は、なんだか尻切れトンボ。以上終わり。


年頭のご挨拶

 年頭のご挨拶と申しましても、既に1週間以上経ってしまいました。

遅ればせながら、今年も1年頑張りますので、皆さん宜しくお願いします。

錫器の製作はもちろんのこと、コルザデザインの野原さんのアドバイスを仰ぎつつ、
作って頂いたロゴを有効に活用して錫の普及にひと工夫しようと思っています。
職人ごときがとおっしゃらずに、ロゴを見かけたらお声掛けいただいたり、
思い出していただけたら幸いです。


    


「刻印は責任の証し(2010.10.21)」にも少し触れましたが、

8世紀の中国唐代の書家、懐素さんの「錫」と「光」の文字をアレンジして
時計回りに回転した模様になっています。

左のロゴのアルファベットのところをジッと見て頂きたいんですが、

「O」は、ロクロを正面から見た丸であり、それに隣接する「K」は、
左手で押えながら、右手に持ったカンナで削っているところをイメージしています。

そして「U」は、今まさに削られようとしている、あるいは、仕上げられた「器」たちです。

どうです。「SUZUKOU」の文字で、
ロクロ挽きで器を仕上げていく工房の様子が浮かびませんか?

ちょっと無理がある?かもしれませんが、そんな意味が込められたいるんです。


moco × suzukou vol.3 TOPページの更新

 年末はせわしない。

つい先だって、「早くも次回vol.3が楽しみ」と書いたばかり。

フラワーデコレータのmocoさん、せわしないのは錫光だけに限ったことではないと
思うのだけれど、お忙しい合間を縫って、vol.3用の写真&コメントを頂戴した。

1年の締めくくりと新たな幕開けという一番のハレの期間に合わせて頂いたに違いない。

それをまた、コルザデザインの野原さんが、可及的に速やかに体裁を整えて、
サイトにアップして頂いた。

この二人の女性にサポートして頂いて、「ぼかぁー幸せだなあ―」などと
ちょっと古いうかれ方をしてみる。もう暫くはこの楽しみは続くのだ。

それではTOPページを見てみよう。




松のような、このまーるいモノは何だろう?   松?いや松ではない。
下の方に少し見え隠れしているモノなら、作り手である私にはすぐなんだかわかる。
そこから類推するに、それほど大きな球ではない。

私には全く初めて見る植物だ。

バックが黒で緑も濃い。そこに赤い帯は鮮烈だ。
赤はおめでたい色なので、ハレの日にふさわしい。

TOPページの画像をクリック。横長の写真が登場した。
やはり一口ビールcosmos。5本揃って写っている。



    mocoさんのコメント
       「カラフルな漆つきのビア・マグに
        「ミニ・パピルス」という植物を入れてみました。
       お正月の松飾りのように。。。
       今年はご縁あって錫光様とお仕事させて頂きましたこと、
       とても光栄に思っております。
       いつもと違った花の世界を表現出来て、嬉しかったです。
       来年もどうぞ宜しくお願い致します。」

どう自立しているのかはわからないが、「ミニ・パピルス」という植物だそうだ。
まるで命を吹き込まれた器の精たちが、背伸びをして周りを見渡しているようだ。
とは、私の勝手流の解釈。

無機質な錫に、植物の瑞々しさや生命力が吹き込まれているような気がしている。

ところで、この写真、下とバックが黒で、濃いグリーンで囲まれている。
普通このように光った錫は、全体に暗くなってしまうのだが・・・・
5本とも右半分がシルバー色を失わずに撮られている。
今度機会があったらそのからくりを伺いたいが、企業秘密かしらん。

それはさておき、mocoさんのありがたいコメントを頂戴している。
「いつもと違った花の世界を表現でき」という前向きのコメント。
ホッとすると同時に本当にありがたいと思いました。

引き続きご面倒をお掛けしますがよろしくお願いします。

(ちなみに vol.2 はこちら → moco × suzukou vol.2



プロフィール

錫光は、ロクロ挽きで酒器・茶器等の錫(すず)製品を作る工房です。地金の仕入れから鋳込み・ロクロ挽き・ツチメ打ち・絵付け・漆塗りなど一貫した手作りにこだわる伝統工芸品を製造販売しています。
このサイトは、新着情報や日々感じたことなどを気まま勝手に綴る、錫光のオフィシャルブログサイトです。

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

カテゴリアーカイブ

          

最新記事

月別アーカイブ